アース・オーバーシュート・デー

Posted by in 未分類, on 2015-08-22

下記サイトに毎年このようなものが発表されているのをはじめて知りました。

「自然資源の消費量が、地球の生物生産力を超える」
http://www.wwf.or.jp/activities/2013/08/1154020.html
2011年 8月27日
2012年 8月23日
2013年 8月20日

「尽きることのない世界の消費、でも地球の生態系は…?」
http://www.wwf.or.jp/activities/2014/08/1218219.html
2014年 8月19日

「人類は地球1.6個分の生産能力を必要としている」http://jp.sputniknews.com/life/20150814/742187.html
2015年 8月13日

いろんな環境破壊の指標はありますが、地球1.6個分という表現はインパクトあります。
すでに一年よりもマイナスになっている時点で、終わっているような気がするのですが、何月の時点でアウトになるのでしようか。

どちらにしろ環境問題に無関心ではいけない時代です。話題になるときは意識していてもすぐに忘れてしまいがちです。
個人的には外食等で食べ残しがないよう、注文が必要以上にならないことを気にかけます。(人数が大勢になると難しいのですが・・)たくさんあることが幸せというより、少量でも高い質に価値を感じられるようになりたいと思っています。

先進国では、ガソリンの消費量が減っていたり、ITによる効率化等で、消費エネルギーは減る傾向にあるのではないかと思っているのですが、まだまだなのでしょう。
モノよりもコトにお金を使う傾向があったり、最近ちょっとはやりの「ミニマリスト」、モノを必要以上に持たない生活をする人が注目されたりしていますが、このような傾向はみんなの価値観が変化してきている証拠なのではないかと思います。

地球にも人間にも生存本能というものがあるとすれば、潜在的に危機を感じ取って行動に影響を与えるのかもしれません。