平昌五輪

Posted by in 未分類, on 2018-03-19

ピョンチャンオリンピック、パラリンピックがおわりました。
毎回なんだかんだいいながらも、最終的には大きな感動を味わうことができるのが、オリンピックのすごさなのかもしれません。
今回一番印象に残ったのは、やはりカーリングと団体パシュートでしょうか。日本人は団体競技が強いですね。
またこの二つの競技の面白さを感じました。

選手個人だけでなく家族や友人、コーチの人生をかけた情熱が、見る人の心を揺さぶるのでしょう。
これは時代がどのように変わろうとも変わらないものなのかもしれません。

奇しくもパラリンピックの期間中に、「車椅子の物理学者」としても知られるスティーヴン・ホーキング氏がなくなりました。

「ホーキング氏死去 世界的な物理学者が残した数々の名言」
http://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-43413185

人類の可能性と強さを教えられます。